広島といえば・・・

広島で観光をするならば、絶対に外せないのが宮島&厳島神社です。

 

宮島は厳島神社というお宮があるということが由来で「宮島」とされています。
古代から、人々は宮島の精神的な尊厳を感じ、女神として島自体を崇拝し崇拝してきました。本殿は593年に倉本佐伯によって建設されたと言われています。

 

厳島神社の日本史における最初の記録は881年の「日本後紀」で、他の有名な神社とともに厳島神社と名付けられました。

 

平清盛の時代に平家藩の参拝地となり、1168年頃に本殿が建てられました。完成するまでに数年かかったと言われています。本殿は37棟、表側の外側には19棟の神社があります。

神殿は、建築に調和のとれた調和のとれた自由で自由な変更に加えて、日本の建築のシンデン*スタイルをうまく取り入れて、日本に存在するこのタイプの建築の最も良い例であると言われています。

 

本殿は繊細で豪華な切妻両流様式で造られており、正面には緑がかった青漆塗りの折り畳み式のひし形の格子扉があり、優雅さと優雅さを広げています。現在の建造物は森元成によって1571年に建てられましたが、清盛が用いた平安の建築様式が忠実に再現され、特徴的で優雅な曲線が至る所に見られます。

 

これらの建築様式は、平安時代には宮廷の邸宅や高貴な階級の建築に用いられ、その一例が京都の皇居です。

 

平家藩の権力が増すにつれて、神社の参拝者の数が増え、神社自体が皇居の中で知られるようになり、ますます壮大になりました。

 

皇帝と皇居が参拝し、平安時代の文化が大いに盛り込まれました。この時期には、日本の古楽の舞踊である舞楽も始まりました。平家藩の崩壊後も平安時代の文化は源氏一族に温かく受け入れられ、神社は安定し繁栄した時代を経験し続けました。

 

本殿は1207年と1223年に火事で被害を受け、修復は行われましたが、修復ごとに神社の規模が変化したと考えられています。1325年に台風により神社が被害を受けたと記録されており、それ以降、そのレイアウトは現在の状態と同様になったようです。

 

鎌倉時代から政治情勢が不安定な内戦時代にかけて、神社の影響は次第に減少していきました。

 

1555年に森元成が厳島の戦いに勝ったとき、彼の支配下で神社は以前と同じようにその壮大さを取り戻しました。また、豊臣秀吉も九州への遠征時に訪れ、安国寺に仏教経典用の大規模な図書館の建設を命じました。

 

 

厳島神社は、古くから多くの人々に崇められ、歴史を通じて権力の様々な主権によって崇められてきた、珍しくてユニークな建築デザイン、生きている日本の文化と歴史の象徴の例です。

 

祀られている女神は海の女神であるため、海に立っている神社を建てるための信じられないほどのコンセプトは、神話的な竜宮を建てようという試みでした。あるいは、それは藤原時代の仏教信仰信仰への信仰の表れとして築かれました。

人々が死んだとき、その魂はボートで「次の世界」を渡って極楽浄土(楽園、仏教の純粋な土地)に行くと信じられていました。どちらが理由であったとしても、神社は人間の職人技と自然の調和と美しさを組み合わせた本当に素晴らしい光景です。

 

 

 


観光では、普通に参拝をするのもよいのですが、もっと楽しみたいのであればガイドを頼んでみるのも良いでしょう。

1時間半くらいかけて宮島を案内してくれるもので予約無しで利用することができます。大人1名500円(厳島神社参拝ならば別途300円)で、詳しい説明を聞きながら巡ることができます。


写真撮影も頼めるので、思い出を残したいというときにも助かります。





協賛
お金借りるラクラク辞典|5分でわかる!今すぐお金を借りる方法